お互いにメッセージを送りやすいLINEは、元カノとつながるための貴重な連絡手段です。復縁を狙っている場合に最も有望な突破口だから、気を引くために身長にメッセージを送りましょう。電話や直接会うのが難しくても、メッセージだけのやり取りならとりあえず対応してくれる可能性が高いです。しかし、別れた時点で相手にとって特別な存在ではなくなっているので、恋人同士だった時のノリでメッセージを送ってブロックされることだけは絶対に避けましょう。女性は自分の領域をハッキリさせたがるから、別れた後に決定的に嫌なことがあると即座にブロックする傾向にあります。

連絡を取らない冷却期間をとる

元カノと復縁するためのベストな流れは、まずお互いに頭を冷やす冷却期間を半年ぐらい置くことです。もう乗り換える相手がいて別れた場合を除いて、女性はこれまで愛してきた思い出やこれからについてゆっくり考えます。そのため、感情的になっている別れた直後は避けて、相手が落ち着いたころを見計らってメッセージを送りましょう。もしも相手から返信が届いたら、その内容に合わせて必要な分だけ応対するのが基本です。頻度としては1ヶ月に数回で、週単位で約1回ぐらいにとどめるのがベストとなります。冷却期間中に相手からメッセージがきたら事務的な連絡にしておき、あまり踏み込まないことがポイントです。もっとも、喧嘩した勢いなどで衝動的に別れてしまった時には女性の方が後悔してよりを戻すきっかけを探している場合もあるので、相手が乗り気であったら柔軟に対応しましょう。

女性は基本的に感情で動くので、自分の都合だけでメッセージを送るのは厳禁です。恋人からのメッセージであれば愛情の証として喜びますが、すでに別れた男性からの連絡にはかなり警戒します。メッセージの内容が正しいのかどうかよりも自分が大事にされているのかで判断するので、相手が忙しい時のように心証が悪くなるタイミングではやめておくのが無難です。仮に元カノに悪い部分があって別れたとしても、ストレートに指摘するのは逆効果になります。自分がかなり警戒されていると理解して、第一段階としていかに相手の警戒を解くのかが復縁するための要点です。
元カノは、かつて付き合っていた男性からの連絡に神経を尖らせています。元々、女性は注意深いので、自分に気があるのかどうかを直感的に見極められます。復縁を狙うのに便利なLINEですが、相手からのメッセージにすぐに既読をつけてしまうと警戒される可能性が高いので注意しましょう。設定で既読マークをつけない状態にしてとりあえず読んでおき、遅すぎないタイミングで返信すると効果的です。厳戒態勢をしいている女性に対しては、既読マークという細かい項目ですら気を配っておく必要があります。

LINEで連絡できるのは復縁のチャンス

別れたとはいえ連絡できるLINEがまだ残っているのは、大きな強みです。本当にどうでもいい相手になったらLINEもブロックされるのが普通だから、適切に動くことで愛し合う関係に戻れる可能性がまだ残っています。相手が喜びそうな話題を振り、話を盛り上げながらも時にはわざと適当な理由で中断して焦らすこともテクニックです。自分と接するのは楽しいことであると再確認させれば、それだけ改めて付き合える確率が高まっていきます。逆に、自分の都合や相手にとってつまらない話題ばかり押し付けていると、別れている状態だけに相手の気持ちが一気に冷めていくので要注意です。せっかく残っていた復縁のチャンスを自ら潰してしまっては本末転倒だから、大事な商談で接する取引先への連絡と同じように冷静にコミュニケーションを取ることが大切になります。

別れたことを惜しませる

女性は日常生活を送りながらも、無意識に男性を品定めしています。初対面では出会った瞬間に自分にとって恋愛の対象内であるのかを判断しており、そこから評価が大きく変わることはあまり見られません。一度は付き合えた時点で対象内であったことは事実だから、相手に意識させればまだチャンスはあります。常に女性が群がっていて人気が高い男性や、学校や職場で目立つ活躍をしている場合には別れたことを惜しく感じる機会が多いです。別れた後に良い男になったと思わせられれば、むしろ元カノの方からやり直させてくださいと申し込んでくるケースもあり得ます。連絡手段としてのLINEを確保しつつも、表向きはもう未練がないという体裁で過ごすのが有効な方法です。

距離を置いた状態は、女性を理解する絶好のチャンスでもあります。元カノと復縁をするのは普通にナンパをするよりも難易度が高く、お互いによく知っている間柄で冷静に対応できればワンランク上のできる男性になれます。ベストなLINE頻度をしっかり頭に叩き込んで、相手が感情的になってもそのまま受け入れるぐらいの度量を見せましょう。女性は自分を受け入れてくれる男性に弱いため、クリスマスなどのイベントが近づいて心細くなったことによりまた親しくなった事例が数多くあります。

カテゴリー: 復縁する方法