バツイチの男性が別れた彼女である元カノと復縁するためには、しっかりと考えてから行動することが必要です。何も考えないで復縁を迫っても、相手から嫌われるだけで終わってしまう可能性も高いので、確実な方法で相手とのよりを戻す必要があります。復縁をするためにまず必要になるのは相手と連絡をとることです。相手にまず自分の意思を伝える必要があるのですが、別れて間もない段階でそうした話を切り出してしまっては、相手に警戒感を持たれてしまう可能性もあります。そのためにまずは、自分の気持ちは伝えずに相手の近況を聞くことなどが、相手の気持ちをなごますためには最適です。相手の話を聞くことで、相手が今どのような状況にいるのかを把握することもできます。別れた彼女にまだ彼氏がいない場合にはよりを戻すこともそれだけ容易になります。このような場合でもいきなり関係を戻したいという自分の気持ちをそのまま相手には伝えるのは避けたほうが無難です。会話のなかで間接的に自分の気持ちを相手に伝え、自分がまだ相手のことを好きだということを相手にわかってもらえるようにします。相手に気持ちが伝われば、相手の感情も変わってくることもあるために、関係が元通りになる可能性もそれだけ高くなります。まだ脈があると感じた場合は、こまめに相手との連絡をとることで、相手との関係をもとのように親密にしていくようにします。バツイチの男性が別れた彼女と復縁する際にきっかけを作りやすいのは、別れた彼女との間に子供がいる場合です。子供を育てているのが自分の方の場合には、子供の近況などを話すことで会話の糸口をつかむことができます。また相手が子供を養育している場合には、相手から子供の話を聞くことも重要です。こうした会話の中で子供の養育のためには両親がしっかりとそろっていることが大切だということを強調することも、関係を戻すためには効果的です。別れた元夫婦の間に感情のしこりが残っていて修復が難しい場合でも、子供の存在がきっかけで相手の感情が変化する場合もあります。子供がいる場合には、子供と会うということをきっかけとして、相手に直接会うことを求めることもできます。子供が自分になついているような場合ならば、より確実に子供と一緒に相手と会う機会を作ることができます。こうした機会を利用するときに重要になるのが、あまり復縁のことだけを話に持ち出さないことです。子供に会いに来たのにそれ以外のことを持ち出しても相手に悪い印象を与えてしまうだけなので、できるだけそうした話題は直接持ち出さないようにした方が効果が期待できます。子供と相手と食事などをしながら楽しい空間を作り出すことを心がけることで、相手にまたこの人と一緒に生活をしたいという気持ちを感じさせることができます。子供にもそのように思わせることができれば、より修復も容易になります。それでも相手の気持ちが変わらない場合には、友達の力を借りることも一つの方法です。バツイチの男性が別れた彼女に、自分で直接、気持ちを伝えても、そのまま素直に受け入れてもらえないことも多いので、友達を通して自分の気持ちを伝えることには大きな意味があります。まだ再婚もしていないということや、相手に対する思いがいまでも残っているということを友達の口から相手に伝えてもらうことで、よりしっかりと相手に自分の気持ちを理解してもらえます。本人が直接言ったのでは得られない説得力なども友達の力を借りれば話の信憑性が増します。別れた彼女に定期的に贈り物などをすることも相手によっては効果的です。相手の好んでいるものを誕生日やクリスマスにプレゼントとして贈ることで、まだ自分が相手のことを好きだということを相手に伝えることができます。贈り物をもらって嫌な気持ちを感じる人もあまりいないので、この方法は長く辛抱強く続けることでより自分の好意を相手に伝えられます。そのように復縁をする場合にはとにかく相手に自分の気持ちを伝えることが重要なのですが、難しくなるのはすでに彼女に新しい彼氏ができている場合です。このようなケースではバツイチの男性が再び彼女との関係を戻すのは非常に難しくなります。彼女と関係を戻す場合にはまず彼女が現在交際している相手と別れなければ、新たに関係を築くことは困難です。相手と新しい恋人の関係が非常に良い場合などには、二人に関係が短期間で悪くなることを期待することは難しいのですが、あせって自分の思い通りにしようとしても相手の気持ちをこじらせて逆効果になる場合も多いです。こうした場合には、相手と相手の男性の関係がどうなるかをしばらく傍観していることも重要です。もし相手と新しい恋人が何らかのきっかけにより関係が悪化したような場合には、相手との関係を修復する絶好の機会なので、チャンスを逃さずに確実に相手との距離を縮めることが大切です。

関連記事:元カノとの復縁がうまくいかないケース

カテゴリー: 復縁する方法