別れ方にもよりますが、ケンカをして別れた場合は3カ月~半年程度の冷却期間をおいてから連絡した方が良いでしょう。
理由としては、元カノの方もあなたへの怒りやら悔しさやらで感情的になっている可能性が高いので、あまりすぐに連絡しすぎても彼女の気持ちを余計にひっかきまわすだけです。
もしすぐに連絡をして戻れたとしても、また同じようなことでケンカして、別れの危機に…ということを繰り返してしまいます。
重いケンカであればある程、長めに冷却期間を置いた方が良いです。

また、同時にあなた自身も冷静であるとは言えません。「彼女を手放したくない」という気持ちは一旦抑えて、趣味や仕事など、恋愛以外のことに没頭する時間を増やし、3カ月以上は冷却期間を置きましょう。

冷却期間は長すぎると逆効果

逆に、半年よりも長く置いてしまうと元カノの中で貴方の存在は完全に女子会のネタ枠になります。
彼女の方もぐちゃぐちゃした感情からは解放され、吹っ切れてしまっていることが多いため、「こんなひどいことされたから、こんな風にケンカして別れた」と女子会での話題作りのために利用されてしまいます。
また、あなたとのことをそうやって笑い話にしてしまうことで、より彼女の中で整理がついてしまい、あなたへの気持ちがドライになっていきます。

復縁するためには、彼女の気持ちがおさまる+さみしくなる頃合いを見計らって、「久しぶり、元気にしてる?」などシンプルなことをサラッと送るのが◎です。
間違っても、自分の今の状況や環境を長々~と書いた文章を送ってはダメですよ。

既に半年以上経ってしまっている場合は逆に1年~2年以上経って、お互いに「そんなケンカもしたね」と笑い合えるぐらいまでになってからの方が復縁できる確率は高くなりそうです。

復縁が難しいケース

話し合いの末に別れた場合、あなたが復縁したいと思っているいうことは彼女の方から気持ちが無くなったと言われたということだと思います。
その場合は、彼女がもう別れるという決意を持って別れに至っているので、ケンカしたカップルよりはもしかしたら復縁するのが難しくなるかもしれません。

その場合は、冷却期間の長さや連絡頻度の問題というよりは、自分が彼女にとって付き合っていた時よりも魅力的に思ってもらえるかどうかになります。
今回別れることになった理由・原因を見つめてしっかりと自分なりに反省し、容姿だけでなく中身も、彼女にもう一度振り向いてもらえるような自分になれたと思ったら改めて連絡してみてはどうでしょうか。
ただ、そうなるためには相当な努力と、時間が必要になるはずです。
1~2年どころの話ではない可能性も十分にあり得るので、自分がその元カノに、そこまでしてもう一度振り向いてもらいたいのか、もう一度よく考えてみるのもアリです。

友達として元カノと再開

または、3~4カ月ほどの期間を置いてから連絡をして、彼氏彼女という関係でなく一旦友だち同士という関係に落ち着くというのも一つの手段です。
もちろん気がある素振りは絶対に見せてはいけませんが、友人として彼女のそばにいることで、彼女が新しいあなたの魅力を発見し、また付き合いたいという気持ちが芽生えるかもしれません。
ですが、そのまま友だちという関係のまま彼女に新しい彼氏ができて終わってしまう場合もあるので注意が必要です。

冷却期間をおいてからの連絡頻度については、どちらの別れ方にも共通して言えることですが、毎日のように自分からメッセージを送るのは良くないです。

自分にそういう気はなかったとしても、彼女からしたら「自分に気があるんだな」と思ってしまいます。
そもそも、元彼から連絡が来たという時点で、もしかして「まだ自分に未練があるのでは…」と思う人も少なくないはずです。

人間は追われたら逃げたくなるもの。
期間をあけていたとしても、連絡した時点で彼女に「好き」という気持ちが全面的に伝わってしまったら、中々取り合ってもらえなかったり、キープ扱いされてしまうかもしれません。

あくまでも、「久々に思い出したから何となく連絡してみた」という体でいてください。
彼女から返事が来たとしてもすぐに返事を返すのではなくて数時間空けたり、夜もまだ起きてたとしても早めに返信をストップして翌日の朝返すようにしたり、あえて自分からやりとりを終わらせてみたり…。
また、前述しましたが自分の近況などを長い文章を送るのは絶対NGです。

元カノとの連絡頻度

付き合っているときに毎日連絡を取り合っていたなら、1週間から10日に1回前後程度、
1週間に1回程度の連絡頻度だったなら1カ月に1回程度の連絡頻度でやりとりしてみてはいかがでしょう。
もちろん、様子見はしつつ、でも以前よりはスローペースということを念頭においてください。
また、彼女からの反応があまり良くなければ、連絡し続けるのではなくまたある程度期間を置くのも大切です。

ゆっくりと、また1から二人の関係を進めていくことを意識してやりとりしてくださいね。

関連記事:元カノとの復縁がうまくいかないケース

カテゴリー: 復縁する方法